フランス人とフランスで結婚することになった皆さま、まずはおめでとうございます。

ところで、ラブラブで幸せなのは良いのですが、手続きモノは結構大変ですよね。
フランスで結婚するために市役所だか村役場だかに書類を提出すると、後日面談に呼び出されたりします。

昔はこのような面談は無かったようですが、少し前から移民対策で行われるようになったという背景があります。

さて、お相手のフランス人と普段日本語や英語や「ふたり語」で会話している皆さま、これはちょっと困った事態ではありませんか?というのも、この面談は、お相手とは個別に行われるため、お相手が日本語ができる人だとしても訳してもらえません。

でも、ご心配なく。個別で通訳をつけることは可能です。

リヨン滞在サポートサービスでは、この結婚前の市役所での面談の通訳も行っています。

もちろん、ただ訳すだけでなく、
面談はどういう流れなのか?どんなことを聞かれるのか?
なんてことについても事前打ち合わせでアドバイス可能です。

フランスで結婚することになったけれど、フランス語で面談とか、どうしよう・・・という皆さま、
ぜひこちらまでご相談ください!

DSC00055